ホーム / 運営組織

私達が企画監修します

水産物に関する栄養学、医学、薬学、食品科学に携わってきた私達が、セミナーや情報データベースなどを企画監修し、「お魚たんぱく健康研究会」の会員の方々に、様々な知財を提供いたします。

潮 秀樹

潮 秀樹

東京大学大学院農学生命科学研究科教授

岡﨑 惠美子

岡﨑 惠美子

東京海洋大学客員教授

亀井 淳三

亀井 淳三

順天堂大学健康総合科学先端研究機構特任教授

福永 健治

福永 健治

関西大学化学生命工学部教授

宮原 正典

宮原 正典

元国立研究開発法人水産研究・教育機構理事長

矢澤 一良

矢澤 一良

早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構規範科学研究所ヘルスフード科学部門長

李  昌一

李 昌一

神奈川歯科大学社会歯科学系健康科学講座災害歯科学分野教授

渡部 終五

渡部 終五

北里大学海洋生命科学部客員教授

食生活の急激な変化によって日本人の長寿を支えてきた魚食の割合が減少し、国民的な健康問題となることが懸念されます。
一方、世界の人口増加に伴う食糧需給増や地球温暖化などに対しては、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」にあるように魚資源の持続的利用価値が見直されています。

このような背景の下、将来を担う若い方の健全な身体づくりのためにも、高齢者のフレイル、サルコペニア予防にも、魚介類を大切な動物性たんぱく質資源としての栄養機能性を学識界・医学界と産業界が協働して検証研究し魚食の普及啓発を行う組織を構想しました。
8人の水産学関係、食品栄養学関係、医学・薬学関係の有識者でコンソーシアムを組んで主催者となり、食品関係、健康関係の企業の方々と協働して「お魚たんぱく健康研究会」を企画運営します。

是非ともご入会いただき、共に学び共に創造する一員になっていただけますようお誘い申し上げます。
また、次代を担う学生や若手社会人、子育てや食育に関わる主婦層、介護に携わる方々にも学びの機会を持っていただける会員制度も設けますので、啓発活動に積極的に参画していただけることを願っております。

運営体制

・会長渡部終五
・副会長矢澤 一良  岡﨑惠美子
・幹事潮 秀樹   亀井 淳三  福永 健治  宮原 正典  李 昌一
・事務局長鈴木 博晶

主催者プロフィール(写真をクリックしてください)

ご入会について

世の中にお魚たんぱくの素晴らしさの理解を広げ、健やかな社会を実現するための情報プラットフォームです。魚肉普及と水産加工の発展に積極的に関わる意志ある法人・団体と個人、様々な方の入会をお待ちしております。是非ともこの研究会にご参加ください。